なぜ姿勢が悪くなる??〈姿勢のはなし①〉

Lesser_panda_standing

よい姿勢を保つというのは意外に難しいことです。
私たち人間の二足直立姿勢というのは、
重力という、体を下へと引っ張る力に対抗して二本の足だけで直立し、
しかも一番高いところに重い頭を乗せているわけですから、
そもそもバランスが悪いのが当たり前なわけです。

人間は、そのバランスの悪さを、それなりに合理的にデザインされた骨格と筋肉、
さらにそれらを適切にコントロールする神経の高度な働きによって、なんとか制御しています。
つまり、よい姿勢を保つためには、
その前提として、関節や筋肉、神経系の働きが健全でなければなりません。

人間は「動物」ですから、
人間の身体は動き回ることで最適な機能が維持できるように設計されています。
一説には、人間の体は「長時間走ることに最適化されている」とも言われています。
そんな人間の生き物としての基本設計に対して、
現代社会はデスクワークや勉強や繰り返し作業など、動作の限定された社会活動を求めてきます。
多くの人が椅子に座ったまま長時間過ごすのが当たり前で、
運動不足は慢性的な社会問題となっています。
このような状況においては、
関節や筋肉、神経系の働きがどうしても鈍ってしまいがちになってしまいます。

しかも、長時間同じ姿勢を取っていると、固定された関節は動きの滑らかさが減っていきます。
筋肉は、姿勢を支えるために力を出すために収縮し続けるところと、
姿勢維持にはあまり寄与しないので脱力して弛み続けるところとが生じて、
アンバランスな状態になります。

そして、これらがリセットされないままにある程度の期間が経過すると、
関節は可動域が減少し、筋肉は縮んだまま伸びなくなってしまったところと、
弛みすぎて力が入りづらくなるところのアンバランスが固定されてしまいます。
さらには神経系も、身体の制御を、生体力学的に理想的な姿勢よりも、
習慣的に長時間維持される姿勢の方へ合わせてしまいます。

これらが組み合わさって、不良姿勢が、身体に「記憶」されてしまうのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. baby2
    産後の右手の痛み・骨盤ケア <初回の痛みと状態> 3ヶ月前に出産し(3人目)、今…
  2. 5799964408440
    今日は松戸駅の美味しいイタリアンのお店をご紹介します :-D 「POLPOポルポ」さんです! …
  3. 産後 足に力が入らないで階段を上るのもつらい
    産後 足に力が入りずらい~階段を上るのもつらい~ 〈初回の状態〉 産後4か月。初産。 妊娠…

カテゴリー

  1. baby2
  2. 顎
  3. 5799964408440
  4. 産後 足に力が入らないで階段を上るのもつらい
  5. 全身の疲労感と首・肩こり~過去の外傷(事故)~
  6. 左指先のしびれ~WHY頸椎椎間板ヘルニア?~
  7. 産後 お尻の真ん中の痛み~出産後~
  8. 歯磨き中に腰痛
  9. 背中痛 ゴルファーの背中の痛み
  10. 腰痛 サッカー中の腰の痛み
ページ上部へ戻る