ヘルニア?腰痛で靴下がはけない

腰痛

ヘルニア?腰痛で靴下がはけない

<初回の状態>

3ヶ月ほど前から腰が痛くなり、その後痛みが徐々に悪くなった。現在、腰痛は日によっては我慢できないほど痛みが強くなる。1ヶ月前からは太ももの後ろや、ふくらはぎに強いしびれを感じる。足の裏までしびれが走ることもある。最初のきっかけは床に置いてあったダンボールを持ち上げたことで、その後だんだんと痛みが強くなったという。 腰痛と足のしびれは朝起きた時が特に辛く、ひどい時には立ち上がることもできない。靴下を履いたり、顔を洗うために前かがみになろうとすると足にしびれが走る。

横になっていると楽になるが、仕事で座っている時間が長いため、痛みが我慢できない。

病院では腰椎ヘルニアを診断された。

 

<身体の分析>

この方の場合、神経学検査と筋力検査から病院での診断のとおり下部腰椎の椎間板ヘルニアが疑われました。足の感覚が低下して、ふくらはぎの筋力も低下していました。

初回は痛みをかばっていたためか、姿勢が崩れ身体のバランスを極度に崩している様子でした。また、身体を前屈させると腰痛と足のしびれが出ていました。

カイロプラクティック検査を行なったところ背骨と骨盤の働きが低下しており、特に下肢のバランスは著しく低下していました。

 

<カイロプラクティック施術>

腰部を中心とした背骨と骨盤の関節、筋肉に対してカイロプラクティックケアを計7回(週に2回)行なったところ、腰痛と足のしびれはなくなりました。3回目の来院時にはしびれはほとんど出なくなっており、靴下を履く動作や顔を洗うこともできるようになりました。朝の腰痛は6回目の来院時にはほとんどなくなってしました。この間には、椎間板に負担がかからないように生活様式の指導、デスクワーク時の姿勢の注意点、デスクや椅子の好ましい状態などを指導し、改善していただきました。

痛みとしびれが消失した後は月に1回のメンテナンスケアを行なっています。身体のバランスを正しい状態に保つために簡単なエクササイズや運動療法も取り入れており、今では腰痛と足のしびれは再発していいません。

 

<コメント>

椎間板ヘルニアの場合、痛みやしびれだけに注目するのではなく、身体のバランスや生活様式を根本的に改善する必要があります。カイロプラクティックでは、まず痛みが少なくなるようにケアの計画を立てていき、その後は根本的な改善を促していきます。

 

ライフバランス松戸

関連記事

ピックアップ記事

  1. baby2
    産後の右手の痛み・骨盤ケア <初回の痛みと状態> 3ヶ月前に出産し(3人目)、今…
  2. 5799964408440
    今日は松戸駅の美味しいイタリアンのお店をご紹介します :-D 「POLPOポルポ」さんです! …
  3. 産後 足に力が入らないで階段を上るのもつらい
    産後 足に力が入りずらい~階段を上るのもつらい~ 〈初回の状態〉 産後4か月。初産。 妊娠…

カテゴリー

  1. baby2
  2. 顎
  3. 5799964408440
  4. 産後 足に力が入らないで階段を上るのもつらい
  5. 全身の疲労感と首・肩こり~過去の外傷(事故)~
  6. 左指先のしびれ~WHY頸椎椎間板ヘルニア?~
  7. 産後 お尻の真ん中の痛み~出産後~
  8. 歯磨き中に腰痛
  9. 背中痛 ゴルファーの背中の痛み
  10. 腰痛 サッカー中の腰の痛み
ページ上部へ戻る