眼精疲労①

c9cbeae6886f79b9b4fd261e1a6626f8_s

「目やその周りが痛い・重い」「目がかすむ、焦点が合わせづらい」
「目を開けているのがつらい、目が乾いている」といった不快な目の症状。
これらが一時的な症状で済んでいる場合は眼疲労といい、それが慢性化してしまった場合を眼精疲労といいます。

眼精疲労になってしまうと、一時的な休息や睡眠では回復しきれません。
そして、目の症状に止まらず、
次第に頭痛や首・肩のこり、吐き気やめまいといった、
様々な不快な症状へと進展していくこともしばしばです。

今の私たちの生活は、毎日何時間もパソコンやスマホ、タブレットを使うのが当たり前。
プライベートでもお仕事でも、目に負担をかけ続けることが日常になっていますから、
誰もがいつ眼精疲労になってもおかしくないといえるでしょう。

背景に緑内障や白内障、斜視や乱視といった障害がない場合、
眼精疲労をきたす主な原因は三つあります。

第一は、外眼筋と呼ばれる眼球を動かす筋肉の疲労です。
もっとも、動かしすぎて疲労するのではなく、
むしろ「長時間ほとんど動かさないこと」が疲労の原因です
筋肉は、動く=収縮と弛緩を繰り返し行うことで内部の循環を確保しているので、
動かさないと循環が低下して酸素や栄養が十分に行き渡らなくなってしまうのです。
こうなると、肩こりと同じように、筋肉が固まって痛みを感じます。

第二は、目の内部のレンズ=水晶体の厚さを調節してピントを合わせる働きをする、
毛様体筋の疲労です。
これも外眼筋と同じように焦点距離を一定に保ち続けると、
動かさないことによる疲労が起きてしまいます。

第三は、目の乾燥です。
目の表面を覆っている角膜は、涙によって汚れや細菌から保護されています。
涙は、それだけでなく、角膜に酸素を供給したり表面の傷を補修する補助を行ったりもしています。
ですから、目が乾燥するということは、
角膜がダメージを受けやすくなり、回復もしづらくなるわけです

これら三つの原因を、三拍子揃えて満たすのが、VDT作業(Visual Display Terminal)です。
Visual Display Terminalとは画像情報端末、つまりパソコンやタブレットやスマホですね。

VDTが、同じ画像端末であるテレビと大きく異なるのは、画面の隅々から必要な情報を探し出し、
それに対応する操作・入力を行い、入力した内容や文字が間違っていないか確認したり、
入力を実行した後でその反応を確かめたりするという、一連の作業を常時伴う点です。
画像端末への集中度合とそれに相応する目の疲れは、
テレビを見ているときとは比べものにならないことが想像がつくと思います。
これら一連の作業を通して、
外眼筋も毛様体筋も多くの場合は一定の位置に固定されているでしょうし、
動かすことはあっても極めて限られた範囲のことです。
さらに、作業に集中していると、まばたきの回数も極端に減ります。
涙が蒸発して目が乾燥しやすくなってしまいます。

とはいえ、現代社会においては、もはやパソコンやスマホ無しの生活は有り得ないかもしれませんよね。。。
そこで、次回は眼精疲労の予防や改善方法をまとめてみたいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. baby2
    産後の右手の痛み・骨盤ケア <初回の痛みと状態> 3ヶ月前に出産し(3人目)、今…
  2. 5799964408440
    今日は松戸駅の美味しいイタリアンのお店をご紹介します :-D 「POLPOポルポ」さんです! …
  3. 産後 足に力が入らないで階段を上るのもつらい
    産後 足に力が入りずらい~階段を上るのもつらい~ 〈初回の状態〉 産後4か月。初産。 妊娠…

カテゴリー

  1. baby2
  2. 顎
  3. 5799964408440
  4. 産後 足に力が入らないで階段を上るのもつらい
  5. 全身の疲労感と首・肩こり~過去の外傷(事故)~
  6. 左指先のしびれ~WHY頸椎椎間板ヘルニア?~
  7. 産後 お尻の真ん中の痛み~出産後~
  8. 歯磨き中に腰痛
  9. 背中痛 ゴルファーの背中の痛み
  10. 腰痛 サッカー中の腰の痛み
ページ上部へ戻る