腰痛と痺れは骨の変形?~歩くとつまずく~

ヘルニア?

腰痛と痺れは骨の変形?~歩くとつまずく~

 

<初回の状態>

50代 男性 会社員

何年も前から、右の腰痛は繰り返しており、お尻や腿の裏にシビレもある。

またそれとは別で、3~4年前に左腰痛を経験しており、それから腰痛はおさまっているが、左足の親指に力が入らず、歩いているときにつまずいてしまう。

病院ではレントゲンやMRI診断の結果、骨の変形による神経圧迫と言われ、ブロック注射をするが、あまり良くならず。

 

<身体の分析>

痺れや足の指の力の入らなさがあるため、先に神経的な検査を行いましたが、特に目立った所見は得られず、左足の親指を持ち上げる筋力が低下していました。

なお検査を進めていくと体幹を右に捻ることで、この親指の筋力低下がなくなることがわかり、腰椎の下部(左側)が骨盤にかけてすごく硬くなっていました。

また骨盤やお尻の筋肉を検査すると、右のお尻の筋肉が異常に緊張しており、この筋肉を伸ばすようにすると右のシビレを誘発することがわかりました。

 

<カイロプラクティック施術>

このケースでは右のシビレと左の足の指の問題がありそれぞれ違った原因が関わっていました。

右側のシビレに関しては、骨盤の傾きや関節の動きの減少により、お尻の筋肉が過緊張を起こし、内部を走っている坐骨神経を圧迫してしまったことによるものでした。これに対しては骨の正常な状態を取り戻すよう、アプローチし、筋肉の緊張を取り除くことで、容易に改善できました。

また左の足の指の力の入らなさに関しては、ヘルニアや脊柱管狭窄症との鑑別が難しいところですが、神経的検査や腰部の動きに伴う誘発があまりなかったことと、体幹を捻ることで症状が改善したことから、腰椎から骨盤の部分にまで付着している靱帯の肥大による神経の圧迫が原因となっていることがわかりました。

この症状に関してもカイロプラクティックの効果は大きく、下部腰椎の関節の施術と靱帯へのアプローチで、初回の施術で親指の力が入るようになりました。

ただ何日かたつと症状が再発していたので、良い状態を定着させるようあと数回の施術が必要となりました。

 

<コメント>

このケースでわかるように、足のシビレや違和感と言っても一概にヘルニアや脊柱管狭窄症からきているとは言えません。病院で画像診断した結果とは、違う要因から問題が起こっている場合も多くみられます。

症状の早期回復には、正しい原因を突き止めることが肝心です。病院に行っても改善しない方やお困りの方は、いろいろな視点で症状を診てもらうことが改善につながるかもしれません。

千葉県松戸カイロプラクティック ライフバランス

関連記事

ピックアップ記事

  1. baby2
    産後の右手の痛み・骨盤ケア <初回の痛みと状態> 3ヶ月前に出産し(3人目)、今…
  2. 5799964408440
    今日は松戸駅の美味しいイタリアンのお店をご紹介します :-D 「POLPOポルポ」さんです! …
  3. 産後 足に力が入らないで階段を上るのもつらい
    産後 足に力が入りずらい~階段を上るのもつらい~ 〈初回の状態〉 産後4か月。初産。 妊娠…

カテゴリー

  1. baby2
  2. 顎
  3. 5799964408440
  4. 産後 足に力が入らないで階段を上るのもつらい
  5. 全身の疲労感と首・肩こり~過去の外傷(事故)~
  6. 左指先のしびれ~WHY頸椎椎間板ヘルニア?~
  7. 産後 お尻の真ん中の痛み~出産後~
  8. 歯磨き中に腰痛
  9. 背中痛 ゴルファーの背中の痛み
  10. 腰痛 サッカー中の腰の痛み
ページ上部へ戻る