立っている時の腰痛~お尻に広がる痛み~

腰痛

立っている時の腰痛

<初回の状態>

数ヶ月前から長時間立ち仕事をしていると腰の下の方に拡がるような腰痛が出るようになりました。腰を後ろへ反らすような動作がとても痛みが辛く、よこになって休むと痛みが楽になります。

腰痛は徐々に悪くなっているように感じており、ひどくなると痛みが腰からおしりの辺りに拡がっていくこともあります。仕事柄、立っている時間が

長いため、腰の痛みが強くなると仕事に支障をきたしています。

また、最近はふくらはぎに張りを感じることが多くなりました。

<身体の分析>

腰痛は腰と骨盤の境目にある関節が痛みの原因でした。長時間の立ち仕事に加え、ヒールの高い靴を常に履いていたということでした。姿勢を観察し

たところ、上半身が後ろにそり返っており腰と骨盤の境目に強い負担がかかっているようでした。

カイロプラクティックの検査を行なってみると、腹筋とおしりの筋肉が弱くなっており、正常な姿勢を保てなくなっていました。また、ヒールの高い

靴を常に履いていたためか、ふくらはぎの筋肉がパンパンに張っていました。

<カイロプラクティック施術>

初回は痛みの原因となっている腰と骨盤の間にある関節に対するカイロプラクティックケアを行い、同時に腹筋とおしりの筋肉がうまく使えるようにバランスを整えました。

2回目の来院時に腰痛はすっかり消えていました。姿勢の問題は若干残っており、そのためふくらはぎの張りはまだ感じているとの事でした。

腰の痛みが消えた後は、腰痛予防のために腰や足に対するカイロプラクティックケアを行って、腹筋・おしりとふくらはぎの筋肉のエクササイズをご自身でやって頂きました。

4回目の来院時には上体を反ったような姿勢はなくなり、ふくらはぎの張りも出ていないということでした。

今回が初めてのカイロプラクティックケアであるということでしたが、痛みがなく安心して受けられる施術であるとおっしゃっていました。

<コメント>

このように痛みだけに注目するのでなく、腰痛の原因が何なのかをカイロプラクティックでは重要視しています。つまり、腰痛などの症状が起こった原因を根本的にケアしていくことがとても大切であると考えています。ヒールが高い靴は足腰に負担がかかるので、普段から定期的にカイロプラクティックケアを受けて、ご自宅でもストレッチなどの軽い体操を行なって予防していくと良いでしょう。

千葉県松戸市カイロプラクティック ライフバランス

関連記事

ピックアップ記事

  1. baby2
    産後の右手の痛み・骨盤ケア <初回の痛みと状態> 3ヶ月前に出産し(3人目)、今…
  2. 5799964408440
    今日は松戸駅の美味しいイタリアンのお店をご紹介します :-D 「POLPOポルポ」さんです! …
  3. 産後 足に力が入らないで階段を上るのもつらい
    産後 足に力が入りずらい~階段を上るのもつらい~ 〈初回の状態〉 産後4か月。初産。 妊娠…

カテゴリー

  1. baby2
  2. 顎
  3. 5799964408440
  4. 産後 足に力が入らないで階段を上るのもつらい
  5. 全身の疲労感と首・肩こり~過去の外傷(事故)~
  6. 左指先のしびれ~WHY頸椎椎間板ヘルニア?~
  7. 産後 お尻の真ん中の痛み~出産後~
  8. 歯磨き中に腰痛
  9. 背中痛 ゴルファーの背中の痛み
  10. 腰痛 サッカー中の腰の痛み
ページ上部へ戻る